『グローバル資本主義の中の渋沢栄一』
- 2014/08/14(Thu) -
橘川武郎、パトリック・フリデンソン 『グローなる資本主義の中の渋沢栄一』(東洋経済新報社)、読了。

一橋フォーラム
の核となるテキスト、
しかも、割引が効くとなれば買わずにはいられません。
というわけで、フォーラムの会場で割安で入手いたしました。

渋沢栄一の日本における資本主義の興隆、特に国益・社会発展と関連して、
さらには実業家としての人材の育成の観点で、
内外の学者の論文を集めた一冊。

フォーラムの主要な講義をもう一度復習できて、良いテキストでした。

学生時代にも、渋沢栄一の名前と業績は、
当然のごとく教え込まれてきましたが、
社会に出て、企業の一スタッフとなって10年ほど働いてきた今、
改めて、その教えに触れる意義というものがあると、しみじみと感じ入りました。

明治~大正にかけての、日本の商業道徳のあり方が、
世界標準の中で語られているので、
理想論だけではない現実の姿も知るという意味で、
非常に有益な、学ぶべきところの多い一冊だと思います。


グローバル資本主義の中の渋沢栄一グローバル資本主義の中の渋沢栄一
橘川 武郎 パトリック・フリデンソン

東洋経済新報社 2014-01-31
売り上げランキング : 45943

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  橘川武郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『阪急電車』 | メイン | 『酔って候』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3980-1c32cb44
| メイン |