FC2ブログ
『父親』
- 2006/10/10(Tue) -
遠藤周作 『父親』(講談社文庫)、読了。

不倫モノの王道を行くようなストーリー展開でした。
偶然の出来事が重なり、それぞれがキーポイントとなって話が展開するので、
「都合よくイベントが起きるなぁ」という気がしないでもないですが、
親子の生活圏は意外と重なっていて、
そこで出会う人々も意外と重なっていて、
実はみんな狭い範囲で生きているのかもしれません。

あと、娘・純子の描き方やキャラ設定に、
どことなく著者の冷たさを感じてしまいました。
大家となった男性作家が若い女性を描いたものを女の視点で読んでいるから
こう感じちゃうんですかねぇ?

父親
父親遠藤 周作

講談社 1989-04
売り上げランキング : 633594

おすすめ平均 star
star娘として、、父親の気持ちがわかりたい時は、、

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  遠藤周作 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウンナンタイム | メイン | 『アラブのこころ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/396-9cdbbdef
| メイン |