『無境界家族』
- 2014/07/19(Sat) -
森巣博 『無境界家族』(集英社文庫)、読了。

ブックオフでは見つけられないのに、神保町では良く出会う著者の作品。
前回読んだのは「小説」、今回は「家族についてのエッセイ」。
どちらも似たような造りになっています(笑)。

世界を飛び回る気鋭の学者である妻、
州法に違反してまで飛び級で大学に入り、ハーバード大学院は中退して
ヘッジファンドで大金を稼ぎまくる息子、
そして、博打打ちの自分。

他に類を見ないであろう家族の構成と活動内容ではありますが、
著者の教育論や人生哲学を聞くと、なるほど、こういう家族が出来上がるのか・・・と。
また、想像ですが、著者以上に奥様の人生哲学や価値判断の方が
ぶっ飛んでいそうで興味があります。

「こういう考え方もあるよな」と頭では分かっていても、
それを実行して、しかも「天才の息子」として結果を出していることは
凄いことだと思います。
この徹底力、貫徹力には、学ばねばならないと自省の気持ちが働くとともに
畏怖の気持ちも湧いてきます。いずれにしろ刺激的。

一方で、著者の語る、「日本人論」論や「日本文化論」論は、いまいちピンときません。
いわゆる「日本人論」において、日本人の定義が狭すぎる、少数者を無視している
というような主張を述べていますが、その割には、著者も他の話題で
結構、強引な一般化をして語っています。
もちろん、「一般化しすぎかもしれないが」という断りつきですが、なんだか勢いが殺がれます。

本作は、ある一人の男の人生哲学として読むには非常に面白いです。
ただ、世界や日本を見つめなおすためのフレームを学ぶには違うかなと感じました。

息子のことを語りながら、いつの間にか植民地主義の話になっている、
その無境界=ボーダレスな文脈の展開が、本作も心地よかったです。


無境界家族(ファミリー) (集英社文庫)無境界家族(ファミリー) (集英社文庫)
森巣 博

集英社 2002-10
売り上げランキング : 300664

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  森巣博 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『Think!2014春号』 | メイン | 『MBAの経営』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3944-b25fbf54
| メイン |