『謎解きはディナーのあとで』
- 2014/07/13(Sun) -
東川篤哉 『謎解きはディナーのあとで』(小学館文庫)、読了。

これまで「本屋大賞」って意識したことがなかったのですが、
本作が受賞していたときには騒いでいた記憶があるので
読了後に改めて過去の受賞作を調べてみました。

なんだか・・・・・
改めて本屋さんに褒めてもらわなくても、もともと自力で売れてる本が多いような(爆)。
もっと、「掘り出し物です!」的なものはないのかしら?
そこに本屋のプライドはないのか!?・・・・・・なんつって。

なんで本作で本屋大賞を思い出したかというと、
本作は、本屋大賞以外で(つまりその前段階で)あんまり売れている印象がなかったから。
つまりは、上記の「本屋が発掘した本!」という印象があったからなのです。

そういう点で、何が違うのかと期待して読んだのですが・・・・
私には合いませんでした。
というか、これが大賞????

軽いユーモアでささささっと読めますが、
他人に推薦したくなるような特長があるわけでもなく・・・・・。

私の結論としては、本屋大賞(もしくは本屋の推薦)という仕組みを通して
どれだけ無名作家の本を売ることができるかという
壮大なマーケティング実験だったのでかないかと(爆)。

私の青春時代がある国立市が舞台ですが、
主人公が住むお屋敷は国立市の高台・・・・・・・高台?
国立って高いところないんですけど???
たまらん坂の上は国分寺とか府中だし・・・・・。

というか、そもそも国立市を舞台にした必然性も感じられず。
ちょっと生活感のないふわふわした街だという点では合ってるかもしれませんが(苦笑)。


謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)
東川 篤哉

小学館 2012-10-05
売り上げランキング : 8714

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『MBAの基本が面白いほどわかる本』 | メイン | こみち堂Ⅱ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3934-d4f414f6
-『謎解きはディナーのあとで』-
謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)東川 篤哉 小学館 2012-10-05Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 ここに死体を捨てないでください! (光文社文庫) キケン (新潮文庫) 悲惨伝 神様のカルテ2 (小学館文庫) ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件 (幻冬舎文庫) 2011年本屋大賞を受賞し、ミリオンセラーとなった6編から構成されるユーモア連作ミ... …
2014/07/14 15:20  雨読夜話 ▲ top

| メイン |