こみち堂Ⅱ
- 2014/07/12(Sat) -
今日は、柳亭こみちさんの独演会に行ってきました。
実は、このシリーズの第1回もチケットを買っていたのですが、仕事の関係で行けず仕舞い。
今回、リベンジでございます。

国立演芸場は初めてお邪魔したのですが、立派できれいな演芸場ですね。
ちょっとキレイ過ぎて緊張しちゃうのですが・・・・。
落語は多少小汚い小屋のほうが、ゆったり聞けて良いですね(苦笑)。

DSC_0775 (1024x768)

開口一番は柳家緑太さんで、「桃太郎」。
今時の生意気な子供が、「桃太郎」を語って聞かせる父親を説き伏せるというもの。
話の構成自体が面白いですし、結構アレンジしやすそうですね。

さて、今日の主役のこみちさんですが、
本日のゲスト様の人気のおかげで、早々に本日のチケットは完売だったようで。
でも、今日の出来に関しては、こみちさんの方が格段に面白かったです!!

まずは「植木のお化け」。
長唄、謡、小唄にのせて、様々なおばけが明るく登場します。
突き詰めれば駄洒落シリーズなのですが(笑)、
私、こみちさんの歌声が好きなんですよね~。惚れ惚れ。
会場もよく湧いてました。

続けざまに「お見立て」です。
こみちさんのもう一つ好きなところは、普段の話し方はサバサバとした気風のよさを感じるのに
噺の中で演じるキャラクターに可愛らしさが溢れているところ。
この噺の中でも、花魁が女っぽいんです。
女流落語家さんとしての地の女らしさではなく、演じる対象の女らしさを引き出している感じです。
あんまり上手い説明ではないですね・・・・・・でも、好きなんです。
花魁と喜助のやり取りが面白くって最高でした!

仲入り後は、ビックゲスト(笑)の春風亭一之輔師匠。
昼間、ヒカリエでの碁のイベントで一席ぶってきたというので、その余韻の中で「笠碁」です。
この噺、誰かのを聞いたことがあるような気がしていたのですが、
自分のBlogで検索してもヒットしない・・・・。花禄師匠の本で読んだだけなのかなぁ?
けんか別れした碁敵どうしが店の中と外で様子を伺いあうシーン。
表情としぐさで魅せる技術のいるシーンだと思いますが、ちょっと今日ははまれませんでした。

トリは、こみちさんで「兵庫船」。
帆掛け舟が前に進まないのは、サメの群れが描く渦に飲み込まれたからという
理屈も凄いですが、そこから抜け出すには1人がサメの犠牲になるという展開も凄い。
そして、その犠牲者に選ばれた講釈師見習いが、船の上で最後の講釈をぶつというところで
一気に笑いを取っていこうとする強引な構成もこれまた凄い。
こみちさん、一気にやり遂げましたが、これもこみちさんの個性に合った噺ですね。
しかも、いろんなネタを突っ込みやすそうです。時事ネタとか(笑)。
最後までしっかりと笑わせてもらいました。

こみちさんを見に行く頻度を上げようと思った良い独演会でした。


DSC_0776 (768x1024)

関連記事
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『謎解きはディナーのあとで』 | メイン | 『経営戦略論』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3933-d938bebb
| メイン |