fc2ブログ
一橋フォーラム21
- 2014/07/10(Thu) -
一橋フォーラム21 『渋沢栄一と如水会⑤』(2014年7月10日受講)

台風接近中ではございますが、
橘川武郎先生の講義とあっては、休むわけには行きません。
しかもシリーズ最終回ですし。
今年は、先生の講義著作に触れる機会が増えています。

大きな経済史の流れの中で、渋沢の果たした役割や
今の時代において渋沢の主張に学ぶべきところについて、最終回らしく総括的な内容でした。

「論語とそろばん」ということに心惹かれる人は、
得てして「論語」の方に軸足を置いた価値観で物語る傾向がありますが、
そろばん勘定も同じく大事な要素であり、
安定した経済・経営なくして、健全な社会なしということだと思います。

東大出身の橘川先生のお話の中で、
東大と一橋の風土の違いに触れていましたが、
確かに、一橋の卒業生は、愛校心というか、大学への感謝の気持ちが強いように思います。

以前、上司だった東大卒の人に「卒業してから大学なんて行ったことがない、OB会にも興味はない。
あなたはときどき大学関連の行事に参加してるけど変わってるねぇ。」
と驚かれた(むしろ呆れられた?)ことがありましたが、
「久々に学校そばの飲み屋に行こうか」とか「学校の合宿所に集合!」なーんて話は
同級生の間でちょいちょい出るので、卒業してからも大学(友達関係も含め大学時代の生活)との
距離感が非常に近い学校なのだと思います。

なので、OB会の組織率も他の学校に比べて多分高いと思いますし、
大学やOB会への寄付も多いのではないかと思います。

そして、この、愛校精神、感謝の気持ちというのは、
渋沢栄一の影響が非常に大きいのだろうなと、このシリーズを聴講して実感しました。

入学してから申酉事件の話などを折に触れて聞かされ、
大学の歴史や、商業教育が味わった苦闘を、学生の頃から意識するようになります。
渋沢が守り育てた商業教育を、自分たちが受けることができたのは先輩のおかげであり、
同じように自分たちも後輩に受け継いでいかなければいけない。
だから先輩・同期・後輩といったヒトの繋がりを大切にするし、
小さい学校だから組織として団結するし、またその団結を自分のために活用するし、
カネが必要なこともカネが大きな馬力を生むことも分かるからたくさん寄付する。
お互いがお互いを活用し合い、学び合い、育て合う。

今まではっきりとは意識していなかったのですが、
これは渋沢イズムが学校の歴史の中に根付いているということなのだろうなと思いました。

高校生の頃、父親から、「おまえが行きたい大学に行けばいい。
ただし、大学時代の人間関係は一生続くし、一番重要なものだから、しっかりと学校を選びなさい」
と言われました。本当に、ありがたい言葉だったと今になって思います。


グローバル資本主義の中の渋沢栄一グローバル資本主義の中の渋沢栄一
橘川 武郎 パトリック・フリデンソン

東洋経済新報社 2014-01-31
売り上げランキング : 376431

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | 一橋大講座 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『渋沢栄一と人づくり』 | メイン | 『いま生きている英語』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3927-0c27dc63
| メイン |