『Zの悲劇』
- 2014/07/07(Mon) -
エラリー・クイーン 『Zの悲劇』(創元推理文庫)、通読。

Xと100円で出会えないまま、Yと来て、今回はZです。

うーん、Yのときは、凄いなと感じることが出来たのですが、
本作は残念ながら・・・・・。

というか、本題に入る前に、文章が全然頭に入ってこなくて困りました。
サム警部の娘のペーシェンスの一人称で語られるのですが、
このオキャンな主人公のキャラクターがどうも苦手で。

殺人事件自体も、「誰が犯人なんだろう!?」という興味が湧いてこず、
謎解き自体に関心が向かないという(爆)。

読んだタイミングが悪かったのかしら。
残念。



Zの悲劇 (創元推理文庫)Zの悲劇 (創元推理文庫)
エラリー・クイーン 鮎川 信夫

東京創元社 1983-04
売り上げランキング : 21761

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  エラリー・クイーン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『東大生が書いた「まずはこれだけ!」世界の経済』 | メイン | 『経営学の主要人物が分かる本』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3922-6ab637aa
| メイン |