FC2ブログ
『こんな日本でよかったね』
- 2014/06/14(Sat) -
内田樹 『こんな日本でよかったね』(バジリコ)、読了。

ほんとにまぁ、いろんなことを書きまくってる人である。
まえがきに、「1年に10冊出している」と自ら書いている。

「書く」という行為へのエネルギーのかけ方もさることながら、
教育から政治、メディア、国民性、哲学まで、
様々な事象を掘り下げて、何らかの意見を言える、しかも内田流の世論とは違う意見が言える
という、この間口の広さ、柔軟性、思考の基礎の堅牢さに驚きます。

で、その様々な意見に、概ね納得してしまう自分。
「そう、そう、そうですよねー」という共感から、
「なるほど!そう考えるべきだったのか」という発見まで、これまた幅広く味わえます。

本作を読みながら、なぜ内田流は、あれこれ幅広に斬ることができるのかを考えていました。
到達したのは、個々の事象やジャンルに囚われない、
本質的な思考のフレームワークを著者が獲得しており、
それを、テーマに合わせて加工して転用しているのだろうなということ。
使い回しというようなお手軽な話ではなく、
それだけ汎用性のある思考フレームを手に入れているところが凄い!という意味です。

で、その内田流に非常に好意的に反応してしまう自分というのは、
きっと同じようなフレームワークで物事を見ようとする癖があるのだと思います。
ただ、内田センセと私の大きな(そして絶望的な)差異は、
そのフレームワークを自らのものとしているか、自分の中にあるはずのフレームワーク自体が
きちんと認識できていないのかだと思い至りました。

矮小化した例で恐縮ですが、
最近、勤め先の社内でのいろんな打ち合わせで発言することの心理的ハードルが下がってきました。
別に私のポジションが上がったわけでもなく、権力を身につけたわけでもなく、
「あぁ、この手の問題はここを押さえておけば大きく外すことはないな」という判断が
一定パターンのもとで付くようになってきた(少なくとも自分はそう思っている)ということです。
ビジネスジャッジにおけるいくつかのフレームワークを自分の中に作り、
その使い方が分かってきたこと、また使って得られる効果の予測ができるようになってきたことが
自分の変化の理由かなと思っています。

今は、ビジネスジャッジのフレームワークを、実例や経験をもとに
数を増やしていったり、内容を深めていったりする途上にあるので、
結構、社内議論が楽しく感じられています。

でも、昇進も昇格もなく、異動も担当換えもないままに、この経験を積んでいくだけだと
きっとどこかで飽きるときがくると思います。
合理性や効率性を追求しているふりをした怠惰な自分が顔を出し、
「ま、この辺で回しとけば大丈夫だろう」という判断が優先されるときが来てしまうだろうなと。

この予想を内田センセの本に当てはめると、
いつの日か、内田センセのフレームワークが見えるようになってきて、
「ま、内田センセなら、この件は、こんな風にコメントするのだろうな」と
予想できる日がやってくるのでしょうかね。
そのときは、著作にも飽きちゃうのでしょうかね。

うーん、読書が楽しくなくなるのは残念だなぁ。
ま、いつまでたっても内田センセのフレームワークを見極められない可能性が高いですが(爆)。


こんな日本でよかったね─構造主義的日本論 (木星叢書)こんな日本でよかったね─構造主義的日本論 (木星叢書)
内田 樹

バジリコ 2008-07-12
売り上げランキング : 420632

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  内田樹 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<西武×阪神 | メイン | 『ギフト』>>
コメント
--
こんにちは。
かもめ組さんの内村さん番組感想を拝読していて、自分と違う捉え方や意見であっても、さほど違和感なく受け入れられるのも、きっとかもめ組さんのしっかりとしたフレームワークがあるからなんだな、と妙に納得してしまいました。
私は未だに仕事でも何でも違った価値観同士が衝突しあった場合、納得できないまま流されてしまうことも多いので、そういったものが少しずつでも築いていけたらなぁと思いました。
2014/06/14 18:46  | URL | おふしょ #-[ 編集] |  ▲ top

--
おふしょ様

CMありがとうございます!
同じファンの方でも、全然異なる視点から見ている人もいて、
反発を覚えることもありますが、「なるほどねぇ」と納得する意見も多々あります。

私自身は、そのときの気分で、好意的に書くか批判的に書くか結構変えてしまうので、
満足度60点でも良いと思ったところを好意的に特筆したり
90点だと思っても、10点分の不満を強調して批判的に書いたり様々です。
なるべく理由をはっきり書くことで軸をブラさないようにとは思っているのですが、なかなか難しいですね。

2014/06/15 18:13  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3870-7443984d
| メイン |