FC2ブログ
『十一番目の戒律』
- 2014/06/13(Fri) -
ジェフリー・アーチャー 『十一番目の戒律』(新潮文庫)、読了。

今日はお休みをもらって、5年に一度の人間ドックに行ってきました。
前回は変なものが見つかって、手術(簡単なものでしたけど)になるという面倒が起こりましたが、
今回は問題のない結果が返ってきてくれることを祈ってます。
(今回初めて胃カメラやったのですが、あんなに人間の尊厳を失う検査だとは思いませんでした・・・悲)

さてさて、各検査の合間合間の待ち時間が期待できるというわけで、
分厚い本を持ち込みました。
久々のアーチャー長編です。

CIAが抱える暗殺者が主人公。
コロンビアにおける暗殺遂行のシーンから始まりますが、
テンポ良く物語が展開していくので、どんどん読んでいけます。
(検査で中断されるのが恨めしくなるぐらい)

ロシアの大統領選挙や、アメリカ大統領とCIA長官の対立、
さらには、ロシアの新大統領の訪米など、
様々な政治的な要素も絡み合ってきて、さすがの面白さです。

これほどまでに有能な暗殺者の割には、
組織における自分の身の危険には警戒が緩いのではないかという疑念は覚えますが、
ま、あまりに有能すぎるとハリウッド映画みたいになっちゃいますしねぇ(苦笑)。

CIA暗殺者の行動能力よりも、
本作は、大統領やその側近がどういう能力分担をして、
どうやって難局に当たっていくのか、または、相手を陥れるのかというのが
断片的ながらも分かって興味深かったです。


十一番目の戒律 (新潮文庫)十一番目の戒律 (新潮文庫)
ジェフリー アーチャー Jeffrey Archer

新潮社 1999-01
売り上げランキング : 385545

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  ジェフリー・アーチャー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ギフト』 | メイン | 『倒産 粉飾を見分ける財務分析のしかた』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3868-ea5dfeb8
| メイン |