『この一冊でキリスト教がわかる!』
- 2014/06/06(Fri) -
白取春彦 『この一冊でキリスト教がわかる!』(知的生きかた文庫)、読了。

ドカ買いしてきた中の一冊。
お手軽雑学本かと思いきや、結構しっかりとした内容の本でした。

カトリックとプロテスタントの2大宗派を軸に
歴史や文化を対比させて解説してくれるので、分かりやすかったです。
下手に仏教などと比較されるよりも、キリスト教の内部で違いを際立たせた方が
部外者には分かりやすいのだということが分かりました。

キリスト教の解説自体はオーソドックスで、
特にどこに肩入れするでもなく、述べられているように感じました。
ただ、エホバの証人、統一教会、モルモン教を「ニセキリスト教」として強い口調で弾劾していたり、
フリーメーソンについて詳しく書いていたりと、
枝葉の部分で特徴的な主張が垣間見られます。

なんとなく、どちらも狂信的な部分があるように感じるのですが、
片方はネガティブに書かれ、もう片方はやや秘密を漏らすような感じでポジティブに書かれ
このあたりの価値観が、著者の価値観なのだろうなと思いました。

ま、全般的には興味深く読めました。


この一冊で「キリスト教」がわかる!―誕生・発展の歴史から世界に与えた影響まで (知的生きかた文庫)この一冊で「キリスト教」がわかる!―誕生・発展の歴史から世界に与えた影響まで (知的生きかた文庫)
白取 春彦

三笠書房 1999-11
売り上げランキング : 526072

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『MBAエッセンシャルズ』 | メイン | 『文芸読本 中原中也』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3856-eedf9618
| メイン |