FC2ブログ
『からくりからくさ』
- 2014/05/11(Sun) -
梨木香歩 『からくりからくさ』(新潮文庫)、読了。

古民家に同居する女4人と人形1体。
染織、機織、紬といった手仕事と、料理などの日々の生活が入り混じった世界。
しかし、そこに、人形が持つ過去や、織物文化の歴史が流れ込んできて・・・・。

物語を構成するそれぞれの要素は興味深かったのですが、
なんだか1つの作品としての座りが悪いような印象で、
読んでいて読み心地がイマイチでした。

庭で草木を育て、それらを食べ、また染物の材料にするといった爽やかな世界観と、
市松人形が過去に背負った因果話の生臭い雰囲気、
そして中東~東欧の世界が持つ独特の暗さ。

なんとか理屈をこねて話をまとめようとしていますが、
それぞれが臭いを持ちすぎていて、まとまる気配がありません。
むしろ、中盤以降、融合できないまま、いろんなものが臭い始めた感じです。
この小説を面白いと思えた人はそれを「一層高みに昇る発酵」と感じ、
私のような人間は「賞味期限切れの腐敗」と感じてしまうようなものでしょうか。

素材が良かっただけに、
どれも中途半端に終わってしまったのは残念です。

それにしても、女4人が共同生活すると、こうも姦しいものなのですね。
紀久のような大人な感覚の人や、蓉子のような透明な感覚の人や、
マーガレットのような即物的な感覚の人の集まりでさえ・・・。
私には無理だわ(苦笑)。
むしろ、与希子の明るさが救いでした。


からくりからくさ (新潮文庫)からくりからくさ (新潮文庫)
梨木 香歩

新潮社 2001-12-26
売り上げランキング : 41533

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  梨木香歩 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<栄西と建仁寺展 | メイン | 吉窓・天どん二人会>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3812-b5d15e04
-梨木香歩「からくりからくさ」-
祖母が遺した古い木造家屋を女性向け下宿とし管理人になった蓉子下宿人は3人さっぱりした与希子、繊細な紀久、真面目で努力家のマーガレット染色、織物など手仕事を持つ4人の女性が、「りかさん」という蓉子が大切にしている市松人形と一緒に暮らす日々 紀久が実家の墓の... …
2014/05/14 14:16  読書と映画とガーデニング ▲ top

| メイン |