『オリエント急行殺人事件』
- 2014/05/03(Sat) -
アガサ・クリスティ 『オリエント急行殺人事件』(新潮文庫)、読了。

引き続き古典ミステリシリーズです。
クリスティ作品のBEST3には大抵ランクインしている本作に挑戦。

最初の50ページほどに苦戦しました。
登場人物紹介ということで、オリエント急行の乗客たちとどんどん接触するのですが、
短時間の間に、みんな怪しい行動をしでかすので、なかなか頭が整理できませんでした。

が、いざ、殺人事件が起こると、
現場検証、目撃者探し、証言集め等、次々と進んでいくため、
読み止めることが出来ませんでした。

そして、終盤になって、重大な嘘の指摘と、繋がっていく真実たち。
最後に迎えた結末は、これはお見事です。

本作が発表された当時の衝撃度は、
相当なものだったのではないかと思われます。

エンディングに関しては、
「それでいいのかっ!」と突っ込むことが出来ますが、
ま、これが、この時代のおおらかさなのかもしれません。

登場人物たちが、国際色豊かということで、
「イギリス人とは」「アメリカ人とは」「イタリア人とは」という
シニカルな批評がぽんぽん飛び出してきますが、
クリスティ作品医は、こういう面での面白さもありますね。


オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
アガサ クリスティー Agatha Christie

早川書房 2003-10
売り上げランキング : 58410

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  アガサ・クリスティ | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『私が殺した少女』 | メイン | 『華麗なるギャッツビー』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3804-8f0b0b91
-オリエント急行の殺人/アガサ・クリスティ-
「BOOK」データベースより 数日がかりでヨーロッパを走り抜ける豪華寝台列車、オ …
2016/08/23 23:17  本読み日記 ▲ top

| メイン |