『ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女』
- 2014/04/22(Tue) -
『ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女』

立て続けにヒッチコックを描いた作品をば。

『ヒッチコック』が陽の作品なら、こちらは陰です。

『鳥』の主人公に無名のモデルを抜擢したヒッチコック。
熱心な演技指導を行う過程で、個人的な執着心が大きく膨らんでいき・・・・。

段々と行動がエスカレートしていく様は、まるでストーカーのようで不気味でした。
大監督というポジションがあるので、セクハラ&パワハラのダブルパンチ。
しかも、監督に従っていれば女優としてスターダムに伸し上がれるので、たちが悪いです(苦笑)。

ヒッチコックを演じたトビー・ジョーンズは、
目のギョロッとした動きで、ヒッチコックの内に眠る性的な欲望を
見ている側にドロッと伝えてきます。

一方、主演女優ティッピ・ヘドレンを演じたシエナ・ミラーは、まさにブロンド美人。
しかも濃厚なブロンド・ガールではなく、すっきり顔だったので、わたし好み(笑)。
演技はともかく、ふとした表情が美人さんでした。

で、2作続けてヒッチコックのメイキング的なものを観たわけですが、
やっぱり陽のヒッチコックのほうが可愛くて好きだなぁ。
病的な描写は苦手です・・・・・。

あ、あと、『鳥』は観てみたいなと思いました。

本作のDVDは販売されていないようです・・・。


鳥 [DVD]鳥 [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル 2012-09-26
売り上げランキング : 37059

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  ヒッチコック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『名探偵に名前はいらない』 | メイン | 『同級生』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3793-97556bc7
| メイン |