FC2ブログ
『同級生』
- 2014/04/21(Mon) -
東野圭吾 『同級生』(講談社文庫)、読了。

同級生が自動車事故で死んだ。
生活指導の教師から逃げるように車道に飛び出したらしい。
その子は妊娠していた。
生活指導の教師が教室で絞殺死体で発見された。
父親である主人公に、嫌疑がかかる・・・・。

面白かったです。
事件が進行していくミステリのプロセスも面白かったのですが、
主人公が、「死んだ少女の彼氏として相応しい行動は何か」ということを
常に念頭に置きながら、他人の目を気にして行動している、その保身の思考に
自ら苦しんでいるという構図が、今の高校生のリアルのようなものを感じて
興味深く読みました。

ある種、非常に第三者的な目線で、自分の行動を評価して、
友人たちにどのように見えているのかを真っ先に考えています。
自分がどう感じているかよりも、他人の目を気にしているのです。しかも冷静に。
非常にドライな高校生です。

一部の親友を除いて、嫌疑がかかった主人公とは
距離を置いて接しようとする友人たち。
このあたりも、「いじめの構造」と根底で繋がっているかのような
薄暗い人間関係、閉鎖的な学校という世界を感じさせてくれます。

最後、肝心の事件の真相に関しては、
「そんな手の込んだトリックはありえないだろう・・・」というところで
醒めてしまったのですが、ま、窓枠の凹みとか、壁の傷とかが出てきた時点で
予想された大掛かりな仕掛けでございまして・・・・・。
これによって、ミステリとしての現実味が毀損したのは残念でした。

あと、心臓病とか、下請け企業の経営者とか、公害問題とか、
ちょっと大きな要素を詰め込みすぎな感も。
最後、手に余って、物語が上手く閉じられなくなり、
大掛かりなトリックでごまかしたようにも感じられてしまいました。

それでも、学校モノとしては面白かったです。


同級生 (講談社文庫)同級生 (講談社文庫)
東野 圭吾

講談社 1996-08-08
売り上げランキング : 52682

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  東野圭吾 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<『ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女』 | メイン | 『ヒッチコック』>>
コメント
-はじめまして-
私は「読書ログ」という読んだ本の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ読書ログでもレビューを書いて頂けないかと思い、コメント致しました。

トップページ
http://www.dokusho-log.com/

こちらでメンバーたちのやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.dokusho-log.com/rc/

また、本を本棚に入れていくだけでグラフが作れます。
http://www.dokusho-log.com/profile/dokusholog/

読書が好きな人同士、本の話題で盛り上がっています。
もしよろしければ遊びにきて頂ければと思います。

よろしくお願い致します。
2014/04/23 09:33  | URL | 読書ログ #iE545MNQ[ 編集] |  ▲ top

--
読書ログ様

コメントありがとうございました。
お邪魔させていただきます♪
2014/04/23 22:41  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top

-ご返信ありがとうございます。-
当サイトを見てくださったのですね!
ありがとうございます。
参加していただけたらとても嬉しいです。
スタッフ一同、お待ちしております。
2014/04/28 10:07  | URL | 読書ログ #vAsCxoQg[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3792-81f94891
| メイン |