『平成大家族』
- 2014/03/31(Mon) -
中島京子 『平成大家族』(集英社文庫)、読了。

お初の作家さんです。

老夫婦2人と義母、引きこもりの長男の4人で2つの家屋に住んでた緋田家。
ところが、長女一家が破産して戻り、次女は離婚して戻り、
いつの間にか大家族が住みあうようになってしまった・・・。

各家族の立場から、自分の生活や家族感を順番に見せていくのですが、
女性作家さんなのにサバサバした書きぶりに、
清水センセみたいなタッチだな」と感じてしまいました。
女性作家さんだと、もう少しドロッとした生臭い家族の描写を期待してしまうので。

展開は、なんだかんだで都合よく収束していくのですが、
ちょっとしたことにイラついたり、気持ちが和らいだりする表現は、
面白いところに目をつけるなと感じました。

各登場人物に対して、もう一歩の踏み込みが欲しいなぁと
やや物足りないところもありましたが、お気軽に読めました。


平成大家族 (集英社文庫)平成大家族 (集英社文庫)
中島 京子

集英社 2010-09-17
売り上げランキング : 25290

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  中島京子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『志摩半島殺人事件』 | メイン | S革>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3762-be05b793
| メイン |