『ライジング・ドラゴン』
- 2014/03/13(Thu) -
『ライジング・ドラゴン』

最近、あまり芳しい評判を耳にしないジャッキー。
ま、ジャッキー・チェン個人としての発言はともかくとして、
「素直に映画を楽しもう」と思い、久々に作品を見てみたのですが・・・・

何、この政治色..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ

むむぅ、作品までも、こんな感じになってしまってたのか・・・・。

清王朝からイギリスやフランスが戦争のどさくさにまぎれて
盗み出した中国の至宝を、中国返還のため奪還するとか、金になるから盗み出すとか
まぁ、そんなこんなのアレコレです。

何気に最後で、「日本からも韓国に古書が返還されました」なーんて、
日本がディスられてたりするのですが(爆)、
まぁ、日本だ、韓国だ、中国だというのは抜きにして本作品を見ても、
私には、この作品の言う正義がよく分かりませんでした。
というか、主人公たちの行動の軸がブレブレで、
彼ら自身、何が正しいのか分かっていないのではないかとの疑念が。

ま、アクション映画に、あんまり論理性とか、整合性を求めても
無意味なのかもしれませんが・・・・。

香港映画に、それほど緻密なストーリーを求めても詮無いことですが、
この作品には途中から付いていけなくなり、飛ばしながら見てしまいました。
でも、アクションシーンは面白いので、飛ばすだけで挫折はしませんでした(苦笑)

パッと見、ハイテクに感じさせておきながら、
アクション部分はかなりアナログ。
冒頭のシーンも、体にローラーつけてるだけですよ(爆)。
だからこその、ジャッキーの動きの素晴らしさが光るわけですが。

肉弾戦も、相変わらず重力を感じさせない華麗な動きと、
独特なストーリーを持ったアクションの繋ぎ方に、
やっぱりジャッキーのアクションは面白いなぁと再認識。

それだけに、作品自体の残念さが、なんとも悔やまれるところです。


ライジング・ドラゴン [DVD]ライジング・ドラゴン [DVD]

角川書店 2013-08-23
売り上げランキング : 6072

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  ジャッキー・チェン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『王様は裸だと言った子供はその後どうなったか』 | メイン | 『夢幻花』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3735-2bf6b035
| メイン |