『夢幻花』
- 2014/03/13(Thu) -
東野圭吾 『夢幻花』(PHP研究所)、読了。

鑑賞以外のアサガオの価値・・・・となると想像されるのはやはりアレであり、
本作の真相も、やっぱりアレ方面のお話でした。
しかも、そこに価値を見出していた人々も予想の範囲内。

読みやすいので、どんどん先に進めて、
なんとなくハマッて読んでいたような錯覚に陥りますが、
それほど驚きを感じられたわけでもなく、
可もなく不可もなくという感じでしょうか。

本作の色味のつけ方としては、
主人公である蒼太や梨乃が抱える自分自身にまつわる問題もしくは謎の部分なのでしょうが、
あまりにも狭い範囲で非現実的な出来事が結びつきあっているので、
「ご都合よすぎじゃな~い」と感じずにはいられません。

そして、蒼太の悩みの1つである、
大学院での専攻である原子力関連の企業に進むべきかどうかという問題は、
物語の大きな流れの中で消化できていないような気がします。
本作の中で浮いてる感じ。
取ってつけた感が気になってしまいました。

組織における蒲生要介の設定は、なかなか面白いと思いました。


夢幻花(むげんばな)夢幻花(むげんばな)
東野 圭吾

PHP研究所 2013-04-18
売り上げランキング : 2926

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  東野圭吾 | CM(0) | TB(3) | ▲ top
<<『ライジング・ドラゴン』 | メイン | 『うちのシステムはなぜ使えない』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3734-7ed0d7fb
-「夢幻花」東野圭吾-
「こんなに時間をかけ、考えた作品は他にない」と著者自らが語る会心作! 黄色いアサガオだけは追いかけるな―。 この世に存在しないはずの花をめぐり、驚愕の真相が明らかになる長編ミステリ。 著者のコメント 「アサガオに黄色い花はありません。しかし江戸時代には存在したのです。 ではなぜ今は存在しないのか。 人工的によみがえらせることは不可能なのか。 そのように考えていくと、徐々にミステ... …
2014/06/09 12:41  粋な提案 ▲ top

-幻の花をめぐり-
小説「夢幻花」を読みました。 著者は 東野 圭吾 いや〜 毎回 東野圭吾の作品の時には言ってると思うけど・・・ 読みやすさは逸品だなぁと 面白いのは もちろんだけど スラスラ読んでしまうというか 今作は黄色いアサガオをめぐる謎、そして殺人事件 等々と 割と正当... …
2015/04/30 01:16  笑う社会人の生活 ▲ top

-「夢幻花」東野圭吾-
黄色い朝顔の謎 夢幻花 (PHP文芸文庫)東野 圭吾PHP研究所 * * * * * * * * * * 花を愛でながら余生を送っていた老人・が殺された。 第一発見者の孫娘・梨乃は、祖父の庭から消えた黄色い花の鉢植えが気になり、 ブログにアップするとともに、この花が縁で知り合った大学院生・蒼太と真相解明に乗り出す。 一方、西荻窪署の刑事・早瀬も、別の思いを胸に事件を追っていた…。 宿命... …
2016/06/16 19:42  映画と本の『たんぽぽ館』 ▲ top

| メイン |