『地球温暖化論のウソとワナ』
- 2014/03/05(Wed) -
伊藤公紀、渡辺正 『地球温暖化論のウソとワナ』(KKベストセラーズ)、読了。

懐疑派で有名なお二方の共著なので、
ちょっと期待して読んだのですが、思っていたほどには刺さりませんでした。

ま、批判の内容に、そんなに目新しいものが出てくるわけでもなく、
基本的なポイントを丁寧に押さえて解説しているものなので、
他の懐疑派の本を読んでしまうと、「こんなもんかぁ」という感じです。

また、舌鋒鋭く攻め立てる・・・・という感じでもないので、
推進派の主張の変なところを指摘して終わりというか、ふわっと次の論点に移っていくような、
ちょっと掴みどころがないような印象も受けました。

ただ、最後の章は、温暖化の話だけでなく、
自然科学教育の話や、日本の国際政治力の話にも論点が広がっていき、
これは面白かったです。

でも、各トピックスを論じている文量が少なすぎて物足りなかったです。

というわけで、いったん、温暖化の本は、もういいや。
飽きちゃった(爆)。


地球温暖化論のウソとワナ地球温暖化論のウソとワナ
渡辺 正 伊藤 公紀

ベストセラーズ 2008-04-26
売り上げランキング : 336696

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  伊藤公紀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『島津奔る』 | メイン | 『彼女はパートタイムトラベラー』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3722-01165de2
| メイン |