『不都合な真実』
- 2014/02/28(Fri) -
アル・ゴア 『不都合な真実』(ランダムハウス講談社)、通読。

地球温暖化論懐疑派の皆さんからは、もはや嘲笑の対象となっている本作。

これまでは、「こんな本にお金を払うなんて・・・・」と思っていたのですが、
立ち寄ったブックオフの100円棚にたくさん並んでいるのを見かけ、
「世界を動かした本であったことは事実なんだし・・・」
などと思い、とりあえず手にとって見ました。

どんな論旨、論調で温暖化への危機感を言い募ってるのかな?と
プレゼンスタイル的なところが気になって手に取ったというのが実情ですが、
ぱっと開いてみてビックリ(◎_◎;)

「こりゃ、フォトブックじゃないかーーーーっ!?」

大きく刷られたセンセーショナルな写真に、ちょこっと添えられた文章。
論旨を解釈して理解するというレベルのものではなく、
目に飛び込んでくる写真と、扇情的な表現の羅列に、脳が驚きます。
そして、驚きの後に、何も考える材料が残らないという・・・(苦笑)。

「本」だと思っていたのが大きな間違いでした。「写真集」でした。

ま、そういう意味では、ハリケーンの衛星写真とか、美しかったですけどね。

この文章量で35箇所もの科学的事実誤認があるとすれば、
ほぼ全てのページに錯誤があるということじゃないですかっ!

これでノーベル平和賞。
しかも、原発利権や太陽光発電などで、相当お儲けになられたとか、なられてないとか・・・。
やっぱり、頭の良い人は、新しいビジネススキームを考え付くものですね!


不都合な真実 ECO入門編 地球温暖化の危機不都合な真実 ECO入門編 地球温暖化の危機
アル ゴア 枝廣淳子

武田ランダムハウスジャパン 2007-06-27
売り上げランキング : 88855

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『基礎コース マーケティング』 | メイン | 『逆境を生き抜く 名経営者、先哲の箴言』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3714-6feb5d0d
| メイン |