『ゴールデン・スランバー』
- 2014/02/16(Sun) -
伊坂幸太郎 『ゴールデン・スランバー』(新潮文庫)、読了。

今日は、美術展でも見に行こうかと思っていたのですが、
朝起きたら風は強いし、雪は残ってるし、風邪ッぴきの咳も残ってるしで、
結局、終日、家でウダウダ。

時間が有り余ってるので長編小説に挑戦ということで、本作をば。

仙台で開催された人気者首相のパレード中に
ラジコンヘリに着けられた爆弾が爆発。首相夫妻が暗殺された。
その実行犯として、なぜか追いかけられることになった青年は・・・・。

最近、陰謀論の本を読んだばかりだったので、
まさに陰謀論ど真ん中の本作は興味深かったです。
警察機構(というかその裏側の政治組織)に罪をなすり付けられ、
必死にもがこうとするものの、情報を集める方も流す方も押さえている権力機構に
太刀打ちできるはずもなく・・・・。
佐藤優ワールドばりのはめられっぷりで(苦笑)。

いつもの伊坂作品のとおり、時間軸が前後するので頭を使わされましたが、
それでもテンポの良い展開と会話の妙を楽しめました。
ただ、中盤、突然登場してきた別の事件の犯人に必然性が感じられず、
さらに医者の絡み方も不自然な印象を受けました。
伏線の回収の仕方が、あまり丁寧でないなぁ、伊坂作品らしくないなぁと。

最後の広場での展開も、思い描いていたほどには劇的でなく、
あら、こんなもんか・・・・というのが正直な感想。

脇役たちも、現実世界の感覚からすると違和感満載のキャラが多いのですが、
その謎もあまり明確にされることなくお話が閉じられてしまい、
謎が謎のまま残ったというか、深く考えるだけ無駄なのかと思ってしまうほど。

まぁ、第三部において、20年たっても事件の真相は闇のままということが示されているので、
物語の核心はうやむやなままなんだろうなとは思っていたものの、
ここまでフワッとしてると、自分一人ポツンと取り残された感が。
話を広げすぎちゃった感じですかね。


ゴールデンスランバー (新潮文庫)ゴールデンスランバー (新潮文庫)
伊坂 幸太郎

新潮社 2010-11-26
売り上げランキング : 2375

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アビイ・ロードアビイ・ロード
ザ・ビートルズ

EMIミュージック・ジャパン 1998-03-11
売り上げランキング : 26575

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  伊坂幸太郎 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<S革&Q | メイン | S革&そうだ旅>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3695-90ca118b
-『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎-
「伊坂幸太郎」の長篇作品『ゴールデンスランバー(英題:A Memory)』を読みました。 [ゴールデンスランバー(英題:A Memory)] 『フィッシュストーリー』に続き「伊坂幸太郎」作品です。 -----story------------- 俺は犯人じゃない!  巨大な陰謀に追い詰められた男。 スリル炸裂超弩級エンタテインメント。 「山本周五郎」賞、本屋大賞ダブル受賞。 衆人環視の... …
2016/04/15 00:00  じゅうのblog ▲ top

| メイン |