『成り上がり処世術』
- 2014/02/08(Sat) -
新堂冬樹 『成り上がり処世術』(宝島SUGOI文庫)、読了。

こちらも父の知人の本です。
この方、暴力団系のジャンルがお好きなようで、
本作も、元闇金あがりの作家さんのようです。
(作家としての業績は知りませんでした・・・・すんません)

「はじめに」を読んで、
オラオラ系だったりガラッパチ系だったりしたら嫌だなぁ・・・と思ったのですが、
本文は意外とまともでした。というか、かなり常識的な内容でした。
例示の一部がキャバクラだったり訪問販売だったりするだけで(苦笑)。

「常識」という言葉が著者はお嫌いなようですが、
この本で説いている内容は、至って常識的なもののような気がします。
「この著者の経歴でこの内容どまりか?」というのが正直な感想。
もっとネタがあるだろーって思っちゃいました。


新堂冬樹の成り上がり処世術 (宝島SUGOI文庫)新堂冬樹の成り上がり処世術 (宝島SUGOI文庫)
新堂 冬樹

宝島社 2011-03-04
売り上げランキング : 586435

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『愛しの座敷わらし』 | メイン | 『暴走する「地球温暖化」論』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3673-96b1ec45
| メイン |