『女は男の指を見る』
- 2014/02/07(Fri) -
竹内久美子 『女は男の指を見る』(新潮新書)、読了。

高校生のころ、この方のエッセイをよく読んでました。
生物学の話を分かりやすく教えてくれたので。

中でも「利己的な遺伝子」の解説は興味深く、
大学生になってからドーキンスの『利己的な遺伝子』を買って読みました。

その後、長い間読んでいなかったのは、
集中的に読んだので食傷気味になってしまったことと、
「利己的な遺伝子」の衝撃を超える興味深い理論が特に出てこなかったから。

今回、父が店のお客様からいただいた本の中に
本作が入っていたので、十数年ぶりに著者の作品を読んでみました。

本作でも「利己的な遺伝子」は出てきたのですが、
ちょっと気になったのは、紹介されている理論や研究結果たちは、
どこまで生物学界で承認されているものなのだろうか?ということ。
あくまで印象ですけど、ドーキンスのような有名な説から、
眉唾物の研究成果まで、玉石混交な紹介のされ方のように感じてしまいました。

それと、著者による解説が、ところどころファンタジーに飛ぶというか、
「そりゃ、意訳させすぎでしょう」というような解釈もあり、
なかなかすんなり読むことが出来ませんでした。

高校生の頃は、そんなファンタジーも含めて楽しかったんでしょうね。


女は男の指を見る (新潮新書)女は男の指を見る (新潮新書)
竹内 久美子

新潮社 2010-04
売り上げランキング : 122912

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

利己的な遺伝子 <増補新装版>利己的な遺伝子 <増補新装版>
リチャード・ドーキンス 日高 敏隆

紀伊國屋書店 2006-05-01
売り上げランキング : 6025

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『歎異抄の謎』 | メイン | 『空想科学読本3』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3668-3979ed32
| メイン |