FC2ブログ
『ムーンライズ・キングダム』
- 2014/02/02(Sun) -
『ムーンライズ・キングダム』

公開時に気になっていた作品です。

ポップな画面は、この監督さんらしいところではありますが、
肝心のお話のほうは、イマイチ乗り切れませんでした。
押しが弱いというか、雰囲気で見せるところで放りっぱなしになるというか・・・。

物語の発端となっている「ボーイスカウト文化」が
そもそも良く知らないという点で、気持ちが乗り遅れてしまったところもあると思います。
冒頭で描かれる様子は、アメリカ人なら、その皮肉を笑えたんでしょうね。
私の目には、どこまでが一般的アメリカ人の習慣で
どこからがボーイスカウト文化を嗤っているところなのかが分かりませんでした。

サムのバックグラウンドとか、スージーの置かれた境遇とか
あまり言葉を使わずに雰囲気で表現しようとしているところも
アメリカ文化のニュアンスが分からず・・・。

短くまとまっていたのが救いでした。

ブルース・ウィリスは、こういう情けない役も良いですね。


ムーンライズ・キングダム [DVD]ムーンライズ・キングダム [DVD]

Happinet(SB)(D) 2013-08-02
売り上げランキング : 16833

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  ウェス・アンダーソン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『国家と神とマルクス』 | メイン | 『日本辺境論』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3659-3bc2b418
| メイン |