FC2ブログ
『デンジャラス・ラン』
- 2014/01/23(Thu) -
『デンジャラス・ラン』

CIAものです。
舞台が南アフリカだったので、結構、街並みや景色、市井の様子が興味深かったです。
新しく作られていく町と、根底に広がる貧困という対比が明瞭。

さて、本題ですが、CIAを裏切って秘密情報を売買していた元・凄腕工作員が
南アの総領事館に逃げ込んできます。
彼が自首してきた理由は?
その彼を拉致しようとCIAの隠れ家に堂々と乗り込んでくる謎の集団・・・。

CIA×人質という組み合わせでは、
ある種、王道を行く作品なのかなと思います。
隠れ家を宿泊施設に見立てた符丁のやりとりは面白かったですが。

カーチェイスや銃撃戦がてんこ盛りでしたが、
ちょっと押し過ぎで飽きてきました(苦笑)。
でも、南アのサッカースタジアムなどが舞台になってるので、
周囲の環境に目が行って、そちらは楽しめました。

黒幕の設定も非常にありきたりで、
あぁ、やっぱりね・・・・という結論。
展開のスピード感とデンゼル・ワシントン演じる元・凄腕工作員の
哲学や心理戦のテクニックで見せてくれる映画でした。

主人公に肩入れする人にとっては
一種のビルディングス・ロマン的な物語かもしれませんが、
CIAはスマートにアグレッシブであってほしいと思う私としては、
やはり、これでは頼りない・・・。

人を撃ってから後悔&動揺するなよーーー(爆)。


デンジャラス・ラン [DVD]デンジャラス・ラン [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル 2012-12-19
売り上げランキング : 52552

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  デンゼル・ワシントン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 | メイン | 『伝える力』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3642-c1df7319
| メイン |