FC2ブログ
『ペイド・バック』
- 2014/01/19(Sun) -
『ペイド・バック』

イスラエルの特殊諜報機関モサド。
ナチス時代に収容所で人体実験をしていた外科医を東ベルリンから拉致し、
イスラエルで裁判にかけるという任務を課せられた主人公たち3人。
拉致に失敗し外科医を射殺して帰国した3人は、イスラエルで英雄扱いとなる・・・

英雄扱いをされたとはいえ、暗殺者としての過去を持ったまま30年を生きることとなった
主人公のヘレン・ミレン演じるレイチェルには、常に陰鬱な表情が浮かんでいます。

その表情の通り、物語は、鬱々と展開していきます。
英雄としての母、見方を変えれば暗殺者としての母についての伝記を出版する娘。
その出版パーティ前後の現代と、拉致の準備から実行までの過去の日々を
織り交ぜながら見せていきますが、現代世界は、パーティや明るい海岸といった舞台に
ヘレン・ミレンの陰鬱な表情が対比され、その暗さが際立ちます。
また、過去の方は1960年代の東ベルリンが舞台ということで、全てが陰鬱。

拉致の準備期間の描写は、あまり大きな動きが無いのでやや間延びしますが、
拉致後の国外脱出に失敗し、外科医をアジトに隠してからの舌戦は興味深かったです。
拉致の目的はイスラエルに連れて行くことだと理解した外科医は、
ここで殺されることはないと判断したのか、モサド3人に対して心理戦を仕掛けます。
それぞれが持っている心の傷を抉るような言葉を投げかけたり、挑発したり。
「なぜユダヤ人を大量に殺すことができたのか」として語られた発言の中身は、
「こんなこと映画で発言させて大丈夫なのか?」というほどに、私は衝撃を受けました。

そして、隠されていた真実が明らかになり、戻ってきた現代のシーン。
真実を再び隠すために、ヘレン・ミレンが任務を負います。
ここからの展開は、スピード感もあって面白かったです。

真実を隠すか、暴露されることを許容するのか、
全ての判断は彼女の手にかかることに。
その最後の判断も、これだけの過去を背負ってきた彼女であれば納得。


ペイド・バック [DVD]ペイド・バック [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル 2012-08-03
売り上げランキング : 96333

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  ヘレン・ミレン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ZOO2』 | メイン | 大浮世絵展>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3636-719913b8
| メイン |