『借金取りの王子』
- 2014/01/11(Sat) -
垣根亮介 『借金取りの王子』(新潮文庫)、読了。

首切りシリーズ
(と呼んで良いかわかりませんが)の第2弾。
ようやく100円で見つけることが出来ました。

様々な企業に出向いて、
その企業の都合で首切りを行っていくわけですが、
本作は、その「リストラ」という場面に着目したということだけでなく、
主人公とゲスト(首を切られる側)との距離感が、
非常に上手いんだなということに、今回ようやく気づきました。

リストラの面接の結果、
自主的に辞める人、最後まで抵抗しながら辞めさせられる人、辞めずに済んだ人、
それぞれの人に、それぞれの事情があるのですが、
主人公である首切り側には、原則、その事情が分からないままなんです。

だからこそ、純粋に、面接の時点でのやりとりにリアリティが出て、
主人公側が「上手く面接を進められた=勝った」と思っているケースもあれば、
「なんで、そんなにすんなり退職を受け入れるんだ?=負けた」と思うケースもあり、
人間を見る目の難しさということを、実感できます。

下手な小説では、主人公側が、変に面接対象の個人的事情を知ってしまう展開を作り、
リアリティのない肩入れの仕方や、不自然な感情を持ってしまったりするものです。
そんな要素を取り入れず、純粋に、面接官と被面接者の関係内で物語る。

そこで、主人公の彼女や、面接パートナーといった
女性の視点も活きてくるというもので。

というわけで、第1作よりも、一層楽しく読むことが出来ました。
満足、満足。


借金取りの王子―君たちに明日はない〈2〉 (新潮文庫)借金取りの王子―君たちに明日はない〈2〉 (新潮文庫)
垣根 涼介

新潮社 2009-10-28
売り上げランキング : 109841

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  垣根涼介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『天上の舞 飛天の美』 | メイン | 『四畳半神話体系』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3621-f6acf466
| メイン |