『カイジ』
- 2014/01/05(Sun) -
『カイジ』

劇場公開時、観に行った知人が「面白くなかった・・・」と言っていたので
特段気にかけていなかったのですが、第2弾ができていたことを思い出し、
「もしかすると・・・・」と思って試しに観てみたのですが、やっぱりダメでした(苦笑)。

そもそも映画として成立してない演出がアレなのですが
(シーンが上手くつながってないとかいう類の・・・)
人間の描き方が薄っぺらいです。

組織側が「負け犬」たちを罵る内容というか思想はなかなか面白いと思ったんです。
そこまで本音をぶちまけちゃうのかという点で。
しかも、この作品が作られた時代は不況真っ只中で、
世の中、負け犬ばっかりでしたからねぇ。
勇気のあることだと思います。

ただ、その当事者の「負け犬」の描き方があまりに劇画的で、
ちょっと白けてしまいました。
自分の頭で考えないことや、周囲の動きに流されやすいこと、
なのに「権利」だけはいっぱしに主張するところなど
ポイントは押さえているのですが、その描写がコントみたいなんですよねー。
なんで、こんなに現実感が無いんだろうか。

また、原作のことは知りませんが、
組織側は、もっと狡猾で、冷静沈着で、皮肉で、悪趣味な人々だと思うんですよ。
なのに、利根川のあの薄っぺらさは何なのでしょうか?
少なくとも、カイジが「俺が今まで会った中でずば抜けてキレる男」みたいな台詞を
述べていましたが、そんなに凄かったか?
クズに向かって真正面からクズと言えるところは凄いと思いますが(苦笑)、
彼の判断力は大したこと無いと思います。むしろ優柔不断。
会長の前では、単なるサラリーマンですよね。

天海祐希演じる遠藤凛子だけは、見ていてスカッとしました。

うーん、本作は詰め込みすぎな感。
映像化するなら、お気楽な連ドラにした方が良さそうですね。


カイジ 人生逆転ゲーム 通常版 [DVD]カイジ 人生逆転ゲーム 通常版 [DVD]

バップ 2010-04-08
売り上げランキング : 18367

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  松山ケンイチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『予知夢』 | メイン | 『蜩ノ記』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3614-726d7f20
| メイン |