『水の眠り灰の夢』
- 2014/01/03(Fri) -
桐野夏生 『水の眠り灰の夢』(文春文庫)、読了。

ミロシリーズの番外編ということでしたが、
どうやらエピソードゼロ的なもののようで、ミロの出生が作中で触れられています。
でも、わたくし、ミロちゃんを1作品しか読んでいないので、
単独の作品として読んでみました。

きっと、「緻密な描写」ということになるのだと思いますが、
私にはどうにも、「過重な描写」もしくは「冗長な描写」に思えてしまい、
なかなか先に進まない話に、少しイライラしてしまいました。

エピソードゼロなので、どうしても関係者の描写が丁寧になっており、
単独の作品として読むと、不必要な描写の丁寧さと感じてしまいます。

本筋の方は、現実に起きた草加次郎事件と、架空の女子高生殺人事件を絡めた謎解きが、
週刊誌トップ屋の主人公により進められていきますが、
その推理のほうも、直勘を頼りにした行き当たりばったりのもので、
しかも2つの事件が変なところで絡んでいたりして、
なんとなく腑に落ちないものが残りました。

新年一発目の読書でしたが、なかなか手古摺ってしまいました。
面白い本を見極める眼力もしっかりと高めないといけないですね。


水の眠り 灰の夢 (文春文庫)水の眠り 灰の夢 (文春文庫)
桐野 夏生

文藝春秋 1998-10
売り上げランキング : 118827

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  桐野夏生 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『砂冥宮』 | メイン | 謹賀新年>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3606-b718a3e1
| メイン |