『ストロベリーナイト』
- 2013/12/31(Tue) -
誉田哲也 『ストロベリーナイト』(光文社文庫)、読了。

面白くて一日で一気読み。おかげで、大晦日は何もしてません(苦笑)。

冒頭のシーンは、薬物のせいで精神に異常をきたしている両親と
その子供との暴行行為なのですが、あまりのグロさにうんざり。
この調子が続くのなら、早々にリタイアだなと思っていたのですが、
すぐに警察側の描写に移ったのでほっと一安心。

警視庁捜査一課の姫川班を中心に描いていますが、
ところどころ、主人公の姫川と、彼女の周囲の刑事達との
過去のエピソードを語る一文が入ってくるため、
「あれ?シリーズモノの途中から間違って読み始めたかな?」と思ってしまいましたが、
単なるキャラクター設定のための背景説明だったようです。
ま、今後、「エピソード・ゼロ」とか言って作られるのかもしれませんが・・・。

いずれの捜査員も、キャラが立っていて、
でも劇画調にはならずに、そこそこ現実的な範囲で収まっているので、
安心して読んでいくことが出来ました。

主人公による推理の部分は、
警察による捜査という地道さはなく、名探偵による謎解きのようなものでしたが、
そういうキャラクターなのだ周囲の刑事が認め、または反発している描写があったので
そのまますんなり受け入れることが出来ました。

犯人達が仕出かした犯罪や、その動機については、
純粋に「欲求」というものに結びついていて、
変に「金が欲しい」なんていう安易なものよりも説得力がありました。
ただ、お客の顔が相互にわかるような環境は、ちょっと非現実的だと感じてしまいましたが。

というわけで、犯罪の内容には納得がいったのですが、
犯人の顔ぶれについては不満ぶーぶー。
正直、この手の真犯人には飽きました。

主人公が負っているトラウマに関しては、
途中の、裁判のシーンにはじーんと来ちゃいましたが、
この作品内でどれだけの存在価値というか、波及効果をもたらしていたのかは、
良くわかりませんでした。
ま、シリーズ化していくうちにじんわり効いてくるバックグラウンドなのかもしれませんが。

というわけで、このシリーズは、読んでいきたいと思わせる第一作です。


ストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト (光文社文庫)
誉田 哲也

光文社 2008-09-09
売り上げランキング : 28147

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  誉田哲也 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
<<謹賀新年 | メイン | 『サウスバウンド』>>
コメント
-はじめまして-
初めまして、足跡をたどって来てみたらすごく好きな感じの書評がたくさんあったので、
ぜひリンクに追加させてもらいたいんですが、いいでしょうか?
(まだ慣れていないもので、失礼があったらごめんなさい)

私も姫川シリーズ大好きです!続きもかなり面白いですよ^^
同じ作家さんでは「ジウ」もオススメです。ちょっと怖いですが…。

2014/01/02 12:45  | URL | きまや #-[ 編集] |  ▲ top

--
きまや様

はじめまして。
CM&リンクのお話ありがとうございます。
是非是非、相互リンクをさせていただければと思います。よろしくお願いします。

姫川シリーズ、期待できるということですね♪
楽しみにしながら100円で探したいと思います(笑)
2014/01/03 15:15  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3604-46edb9c1
-「ストロベリーナイト」誉田哲也-
溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された。警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは?クセ者揃いの刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。 警察小説ってあんまり好みではないので読んでこなかったけど、読みやすくて面白... …
2016/11/15 21:22  scribble ▲ top

| メイン |