『文学部唯野教授』
- 2013/12/27(Fri) -
筒井康隆 『文学部唯野教授』(岩波現代文庫)、読了。

ようやく100円で見つけることが出来ました。

大学における教授たちや、その下に控える人々の姿を
スプラッタ的に揶揄したかと思えば、
生き方が軽すぎる唯野教授の「文芸批評論」の講座は超濃厚!
いろんな楽しみ方が出来る作品です。

社会学を学んだ人間としては、
「文芸批評論」の特に後半における現象学や記号論、構造主義のあたりを
非常に興味深く読みました。
この講義のシーンは、どれをとっても非常に分かりやすい解説になってます。
しかも面白い!

一方の、大学機構のお話は、
教授への出世競争であったり、教授会の議論のバカバカしさであったり、
教授の人間性の動物園的恐ろしさであったり、
いろんな角度から極端なキャラクター達に乗せて見せてくれます。
象牙の塔の人たちって、実際もこんな感じで浮世離れしてるのかもしれませんね。
特に、文学部なんていう、実社会と接点のなさそうな学部は・・・。

自分にもう少し社会学や哲学の知識を付けてから再読すると
一層面白いんだろうなと思い、まだまだな知識が残念です。


文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)
筒井 康隆

岩波書店 2000-01-14
売り上げランキング : 11757

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  筒井康隆 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『地球温暖化論』 | メイン | 『空の色と光の図鑑』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3601-352e2eb4
| メイン |