『文学賞メッタ斬り!リターンズ』
- 2013/12/23(Mon) -
大森望、豊崎由美 『文学賞メッタ斬り!リターンズ』(PARCO出版)、読了。

企画自体は知っていたのですが、
文章として読むのは今回が初めてです。

いきなり島田雅彦を迎えてのトークショーから始まってしまったので、
そもそも大森&豊崎のメッタ斬り書評というものが分からないまま
それを評価するくだりになってしまったのが残念。
(というか、これは本の順番を守らずに読む私が悪いのですが・・・)

ようやくROUND2から書評そのものが始まり、
どんなもんかが、よーく分かりました。

通常の書評というのは、
評価する側とされる側の1対1の関係なのですが、
本作における書評は、そこに選考員の書評に対する評価も加わり、
この複雑なところが受けるのだろうなと分かりました。
というか、選考員への評価のくだりの方が面白い(笑)。

100円リーダーである私としては、
まだ読んでいない(100円では出回っていない)本もたくさんあり、
共感しつつ書評を楽しめる範囲は限られていたので、
これよりも古い版を探して楽しみたいと思います。

あ、W杯になぞらえた企画は、意味不明でした・・・・・。


文学賞メッタ斬り!リターンズ文学賞メッタ斬り!リターンズ
大森 望 豊崎 由美

パルコ 2006-08
売り上げランキング : 413336

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  島田雅彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『空の色と光の図鑑』 | メイン | 『男女の機微』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3599-b5ebf438
| メイン |