『目利きの企業分析』
- 2013/12/15(Sun) -
神山達也 『目利きの企業分析』(金融財政事情研究会)、通読。

銀行の立場から、
クラインとである企業をどのような観点で評価しているのかという本。

着眼点は面白い企画だと思いますが、
それにはやはり、裏話的なものが乗っかってこないと
結局は単なる企業評価の本で終わってしまうんですよねぇ・・・・。

ま、みずほ銀行の現職者が書くには、
無理な注文なのでしょうけれど。


目利きの企業分析 基本と実践―リレーションシップバンキング時代の企業分析マニュアル目利きの企業分析 基本と実践―リレーションシップバンキング時代の企業分析マニュアル
神山 達也

金融財政事情研究会 2003-10
売り上げランキング : 787235

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『世界史を変えた異常気象』 | メイン | 『科学の哲学』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3587-6ed2d143
| メイン |