FC2ブログ
若冲と江戸絵画展
- 2006/08/12(Sat) -
『若冲と江戸絵画展』(東京国立博物館)

以前、テレビの特集でその作品を見てから、
ずーっと気になっていた伊藤若冲!!
色鮮やかな作品が観られると知り、雷雨の中、上野へ行ってきました。

東京国立博物館に向かう間、
上野公園内のいくつかの美術館や博物館の横を通りましたが、
それぞれで魅力溢れる催し物が行われており、
(ルーブル美術館展とか、南極観測展とか、本当に豪華!)
「上野って凄いなー」と田舎者丸出しで感動。
さらに、展示室に入って、わんさか人が集まっているのを見て、
「こんなに多くの人が絵画に興味を持つなんて、日本人って凄いなー」と再び感動。
たしかに、現在、若冲は大きなブームになっているようなので、
それに乗っかっているだけの人も居るのでしょうけれど、
「とにかく興味を持つ」という日本人の特性は素晴らしいと実感。

さて、本題の作品たちですが、圧巻でした。
若冲だけではなく、応挙等の円山派、そして狩野派など、
素晴らしい日本画を100点以上観ることができました。

私が若冲に興味を持ったのは、
鳥を真正面から描くという大胆な視点の置き方が斬新だったからなのですが、
鶏や鶴を描いた作品で、そのような構図を観ることができました。
鮮やかな色で緻密に描いている作品もあれば、
鶴やひよこを卵のような円でサラッと、しかし活き活きと描いているものもあり、
筆遣いの幅の広さに感服します。

そして、メインとなっている「鳥獣花木図屏風」。
これを日本画と呼んでいいのか非常に困ります。
まるでモザイク画を見ているようですが、
近づいてみると和紙の上に升目が描かれています。
異国の動物や空想上の動物が所狭しとひしめき合う構図もそうですが、
色遣いといい、筆遣いといい、江戸文化恐るべし!です。

若冲以外の作品では、
狙仙の猿が非常に表情が良くて、絵葉書を買ってしまいました。
また、明治時代に入ってしまいますが、河鍋暁斎の作品に見入ってしまいました。
芸術に疎いもので、初めてこの名前を知ったのですが、
絵の印象は重厚だけれども躍動感溢れる筆遣いの「達磨図」や
ユーモアを感じさせる「閻魔と地獄太夫図」等、めっけもんでした。

全般的に感じたことですが、
主題を緻密に描いているかと思えば、背景は山水画のような筆遣いであったり、
動物と花と葉っぱでは、描き方が違ったりと、
一つの作品の中に様々な技法が使われていて、
それが違和感無くまとまっていることに驚きました。
日本画の魅力の一つでしょうか。

全部見て回るのに3時間以上かけましたが、
見飽きない展示でした。

若冲

若冲

関連記事
この記事のURL | 美術展 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<ウンナンタイム&FLASH | メイン | 『詩心』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/357-ddc713e1
-若冲と江戸絵画展-
上野・国立博物館の平成館で行われている若冲と絵画展に行ってきました:*:・( ̄∀ ̄)・:*: …
2006/08/12 23:15  ぐるめちゃん ▲ top

| メイン |