FC2ブログ
『カミナリの科学』
- 2013/11/21(Thu) -
岡野大祐 『カミナリの科学』(オーム社)、読了。

ちょっと最近、お天気系の勉強熱が上がってきて、
会社のお昼休みの時間にファミレスやカフェでチマチマとお勉強してます。
(ホントは会計の勉強をしないといけないんですけど・・・・)

で、気候変動の次は、カミナリです。
神保町で買ってきて1年ほど積読になっていたので、ようやく。

雷の話に入る前の、
「そもそも擾乱とは」「雲ができる過程とは」みたいな説明が結構分かりやすくて、
こんなところで基礎の復習ができたのは幸い。

本論の雷についても、メカニズムを中心に、避難の仕方や被害事例まで紹介されていて
なかなか広範囲に雷を押さえている面白い本でした。
ま、「電流」についての物理のところは、中学理科の知識しかないので、
「フレミングの左手の法則」「ファラデーの法則」などを、
「懐かしーぃ!」なんて思いながら、ここはザッと目を通す程度で(苦笑)。

ゴロゴロ言っていると、「稲妻が見えないかなー」なんて期待しながら
窓の外を眺めてしまう性質なのですが、
改めて勉強してみると、非常に面白い分野ですね。


解明 カミナリの科学解明 カミナリの科学
岡野 大祐

オーム社 2009-05
売り上げランキング : 496452

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<『異常気象と人類の選択』 | メイン | 『有価証券報告書の読み解き方』>>
コメント
--
こんにちは、ブログ楽しく読ませて頂きました。
坪江といいます。
そうですよね、アメはなんとなくわかるけど雷がどうして出来るなんて知りませんでした^^
2013/11/21 17:31  | URL | 坪江 #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

--
坪江さま

CMありがとうございます。
雷がなぜできるのか、本質的な部分は、私もよく分かってません(苦笑)。
でも、科学的な説明を読んでいると、真実に近づいているようなワクワク感があります♪
2013/11/21 23:39  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3557-cb90de7c
| メイン |