『忍びの国』
- 2013/11/17(Sun) -
和田竜 『忍びの国』(新潮社)、読了。

能『阿漕』で、地元の歴史に目が向いたので、
その流れで本作をば。

伊勢の国と伊賀の国に跨った、忍びと武士の戦い・・・・、
いや、そんな単純なものではないですね。
忍びと元忍びの戦い、上司の地侍と部下の下人の間の紛争、
忍びの者同士の間での銭争い、織田家と北畠家の間の恨みつらみ。

なんとも様々な要素が絡み合っているのですが、
そのそれぞれが見事に描き分けられていて、非常に面白く読めました。

なんせ、銭のためなら裏切りなど微塵も意に介さない忍びの者たち、
次にどんな展開になるのか読めません。
そこに武士のプライドやら、強気な武家の女などが絡んできて、
しかも忍びのものにピッタリのスピード感で展開していくので、
読む手を止められませんでした。

伊賀の忍びを、ここまで守銭奴に描いた作品は初めてですが、
私はそれほど下衆な印象を受けませんでした。
ある意味、本音で生きている人たちとして、
この割り切り方の潔さに惹かれました。

一方で、北畠家の家臣たちのプライドも、それはそれで納得できるところがあり、
伊勢の者も伊賀の者もカッコイイじゃないかと思ってしまいました。
これって、同県人のひいき目かしら(笑)。

和田作品はお初でしたが、
他もどんどん読んでみたいと思わせる出来でした。


忍びの国忍びの国
和田 竜

新潮社 2008-05
売り上げランキング : 56354

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(2) | ▲ top
<<『置かれた場所で咲きなさい』 | メイン | 『正しく生きるとはどういうことか』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3547-0c397fa8
-『忍びの国』-
忍びの国和田 竜 新潮社 2008-05Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 小太郎の左腕 のぼうの城 哄う合戦屋 水の城―いまだ落城せず (祥伝社文庫) 忍びの国 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス) 『のぼうの城』の著者による、伊賀を舞台に忍者が活躍する歴史小説。 題材となっているのは信長による伊勢征服から天正伊賀の乱にかけての伊勢・伊賀における一連の事件で、... …
2013/11/17 12:05  雨読夜話 ▲ top

-『忍びの国』 和田竜-
忍びの国 (新潮文庫) - 24~29日。 「のぼうの城」が面白かったから、 2冊目の和田竜作品。 あ~やっぱり「村上海賊の娘」読みたい。 「のぼうの城」もこれも面白かったもん。 本屋大賞獲った「村上~」は絶対面白いよね~。 でも単行本で上下巻ってきついよなぁ。 … …
2014/12/31 07:00  くりきんとんのこれ読んだ ▲ top

| メイン |