FC2ブログ
『気候変動』
- 2013/11/07(Thu) -
W.J.バローズ 『気候変動』(シュプリンガー・フェアラーク東京)、読了。

「IPCC 第5次評価報告書」がリリースされましたねー。

再び、温暖化脅威論者と懐疑論者の対立が活発化していますが、
気象予報士として一応、温暖化とはどういうことか概要だけは知っておいた方が良いかと思い、
神保町で買ってきてから積読になっていた本作に手を付けました。

会社の昼休みにチマチマ読み進めるという状況で、
ところどころ専門的な部分は読み飛ばしたものの、
素人向けに書かれており、予想していたよりも読みやすかったです。

そして、著者自身、温暖化脅威論にも懐疑論にも偏らずに、
「そもそも気候変動とは?」ということを冷静に解説しているので、
安心して読めました。

内容も、サブタイトル通り多角的に解説されており、
頭の整理がしやすかったです。

で、「温暖化とは?」という次のステップを
どの本で学ぶかが問題なんですよねー。
あまり偏りのない(というかどちらに軸足を置いていても良いので冷静な)本を
探し当てるのが難しい・・・・。


気候変動―多角的視点から気候変動―多角的視点から
W.J. バローズ William James Burroughs

シュプリンガーフェアラーク東京 2003-12
売り上げランキング : 910230

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『日本の歴史ミステリ まさかの展開』 | メイン | 『スコーレNo.4』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3532-bd4c5da3
| メイン |