『黒の様式』
- 2006/08/06(Sun) -
松本清張 『黒の様式』(新潮文庫)、読了。

暑いさ中に読むにはグロい作品でした。

「歯止め」は、先が読めるようになった中盤以降が
ちょっと冗長な感じもしましたが、
作品の締めかたが、恐怖を残していて良かったです。

「犯罪広告」は、登場人物それぞれの行動が
思いつきで視野が狭いため、読んでいて歯がゆい気持ちになりました。
観客となっている村民の心情は、
ワイドショーに向ける現代人の眼差しと同じです。

「微笑の様式」
アルカイック・スマイル・・・
個人的には中宮寺の弥勒菩薩が好きですね。
犯人探しについては、後半、若干慌てた感じで
「おいおい、その人がその動機で犯人なの?!」と
ちょっと驚きました。
最近の作家さんなら、鳥沢博士を主人公にしてシリーズ化しちゃいそうですね。

黒の様式
黒の様式松本 清張

新潮社 1973-09
売り上げランキング : 742679


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  松本清張 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『経理の仕事が面白いほどわかる本』 | メイン | ウンナンタイム>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/352-bea969ab
-『黒の様式』 松本清張-
「松本清張」の中篇3作品を収録した『黒の様式』を読みました。 [黒の様式] 『宮部みゆき責任編集 松本清張傑作短篇コレクション〈上〉』、『宮部みゆき責任編集 松本清張傑作短篇コレクション〈中〉』、『宮部みゆき責任編集 松本清張傑作短篇コレクション〈下〉』、『眼の壁』、『時間の習俗』、『霧の旗』、『強き蟻』、『高台の家』に続き「松本清張」作品です。 -----story----------... …
2017/05/01 20:06  じゅうのblog ▲ top

| メイン |