FC2ブログ
『この国の仇』
- 2013/09/22(Sun) -
福田和也 『この国の仇』(光文社)、読了。

この世の中、「正論」と言われるものほどタチの悪いものはないと思います。
「正論」と言われるものって、現実味ゼロなんですもの。
実行が難しいというレベルのものではなく、そんな状態は実現しえないというレベルです。
ハッキリ言って、思考停止と等しい主張だと思います。

なので、本作における著者の主張には、溜飲が下がりました。

「正論」を振りかざす人って、
今のこの瞬間におけることしか考えていないですよね。
その主張が実現できるかとか、実現すれば良い社会になるのかとか、
そういう長期的なスパンで考えるのではなく、
「今がダメだ!」と責め立てるための思考でしかないと感じます。

一体、日本という国をどうしたいのかが、さっぱり分かりません。

でも、彼らが言う「民主主義」の世の中では、
彼ら1人1人の主張にも意味があり、尊重せねばならないのです。
それこそ、2:6:2の法則で、上位20%の意見こそ真剣に検討すべきだと思うのですが。

こういう主張って、会社の経営などのテーマであれば、
それなりに大きな声で言っても大丈夫だと思いますが、
これが国家の運営というテーマになると、
「国民をバカにしているのか!」なーんてことになっちゃうんでしょうね。
なんとも残念。



この国の仇―「反論できない正論」を討つこの国の仇―「反論できない正論」を討つ
福田 和也

光文社 1998-06
売り上げランキング : 552170

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  福田和也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『アルゴ』 | メイン | 神社めぐり>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3469-fda213da
| メイン |