fc2ブログ
『闇の日本史』
- 2013/09/20(Fri) -
中津文彦 『闇の日本史』(ワニ文庫)、読了。

父の知人の本シリーズ。

本作では、日本史に残る大きな謎を解いていきます。
有名な「義経北行伝説」なども登場しますが、
それよりも、「西郷隆盛は生涯写真を残さなかった」というような
ちょっと斜めの角度から歴史にスポットを当てた章が、新鮮で興味深かったです。

文章も、結構、読み手がワクワクするような流れになっており、
また、そのような推論をするにあたっての証拠も
それなりに挙げており、単なる謎と説の紹介にとどまらず、
読んでいて面白かったです。

「由比正雪の乱」の章に登場した紀州公など、
なかなかな大人物を新たに知ることができるというのも、
こういう歴史モノの醍醐味ですね。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  西郷隆盛 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『御社のトップがダメな理由』 | メイン | 『白雪姫と鏡の女王』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3463-9cb0ee4c
| メイン |