FC2ブログ
『白雪姫と鏡の女王』
- 2013/09/20(Fri) -
『白雪姫と鏡の女王』

最初に、女王様のジュリア・ロバーツを見て、
「この独特顔は、童話の世界の美悪女とは違ーう!」と思ってしまいました(苦笑)。
さらに、白雪姫は超極太眉だし、王子様は顔うっすー。
キャスティングに不満ブーブーです。

ところが、脚本が結構面白かったんですよね。
ちょっとした会話の妙で引き込まれたのですが、
ストーリー自体も、「毒りんご」「王子様のキス」という白雪姫2大要素を
かなり大胆にアレンジしているところが、成功してたと思います。

映像の見せ方や、衣装も、凝ってました。
後から調べたら、『落下の王国』の監督さんだったんですね。
納得。

そして、段々と、白雪姫が可愛く見えてくる不思議(爆)。

ジュリア・ロバーツは、初っ端は違和感を持ちましたが、
コメディタッチに女王様を見せるなら、
この人のコメディセンスに頼ったことに納得。
非常にテンポよく悪事を進めてくれます(笑)。

「子犬用」なんていうギャグも、
なかなか欧米のセンスでは出てこないのではないでしょうか?
恐るべし、インド文化の奥深さ。

いろいろ楽しめた作品でした。


白雪姫と鏡の女王 スタンダード・エディション [DVD]白雪姫と鏡の女王 スタンダード・エディション [DVD]

Happinet(SB)(D) 2013-03-02
売り上げランキング : 4105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  ジュリア・ロバーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『闇の日本史』 | メイン | 『さよなら、海の女たち』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3462-67e0ec4e
| メイン |