FC2ブログ
『さよなら、海の女たち』
- 2013/09/18(Wed) -
椎名誠 『さよなら、海の女たち』(集英社文庫)、再読。

先日、実家に帰った時に、父親の机の上に置かれていたので、
なんとなく持ってきてしまいました。

シーナさんのエッセイ。

たぶん、大学生ぐらいの時に読んでいるはずなのですが、
この物憂げな感じは、20歳そこらで読んでも分からないですよねー。
ま、30代半ばの今読んでも、理解できているのかはアレですけど・・・・。

行ったばっかりの八丈島の話が出てきて、
「八丈島の海って、面白いよね~♪」と共感し、
今回もボートダイブ班がお世話になった船長さんからムロアジなどの差し入れをいただき、
皆で美味しくお刺身をいただいたのを思い出しました。

できれば、八重根港で、夕日を見ながら、
島焼酎を飲みつつ、お刺身をつついたりして見たいものです。

このエッセイ集には、海に魅せられた人がたくさん登場しますが、
海が好きな人は、その人独自の海の物語を持っているように思います。
その物語を聞いているだけで、心地よいんですよね~。

本作には、岳くんが登場しますが、
自分が今興味を持つことって、やっぱり、父や母の影響が強いと思います。
父は一時期、カヌーにはまって、私や弟を川に連れて行ってくれたので、
私がマリンスポーツを好きになったのは、父の影響だと思います。
(シーカヤックには、残念ながら連れて行ってくれませんでした)

本が好きなのも、気象に興味を持ったのも、父や祖父の影響です。
政界のネタが好きなのも、美術が好きなのも、生物が好きなのも、母の影響です。

なぜか、自分の家族のことに思いを馳せる読書となりました。
きっとそれは、良い読書。


さよなら、海の女たち (集英社文庫)さよなら、海の女たち (集英社文庫)
椎名 誠

集英社 1991-11-20
売り上げランキング : 710854

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  椎名誠 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『白雪姫と鏡の女王』 | メイン | 『若手行員が見た銀行内部事情』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3461-eee92438
| メイン |