FC2ブログ
『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』
- 2013/09/16(Mon) -
『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』

前作のあまりの酷さに驚いた3か月前
台風でやることが無いので、一応、最終回とされている第4作を見ました。

前回と比べて、メインストーリーが分かり易かったので、
とりあえず見やすいと感じました。
すみれの離職、室井の葛藤、真下の立場、
それぞれのサブストーリーも、さほど混乱せずに収斂したように思います。
というか、前作のように、意味不明で取り残されたトピックスがなかったです(爆)。

「組織の中に生きる人間の宿命」というテーマで本作を見ると、
結構、面白かったです。
嫌~なところはストレートに台詞を吐かせて際立たせるし、
茶化すところはおもいっきり茶化して、
緩急の付け方が、良い時の君塚作品に戻っていたように感じました。

ただ、「警察の捜査テクニック」もしくは「謎解き物語」として見ると、
疑問、疑問、疑問の連続で、とても視聴に耐えられるものではありません。
ま、それは前回もそうでしたが・・・・。
このあたりは、Yahoo!のレビューで、代弁してくださっている方多数居ました。

少なくとも、日本の警察組織は、官僚組織による弊害の最たるものである一方で、
組織としての行動力、目的遂行力は、軍隊並みの規律をもっているものと思ってます。
その良い面が、本作では全く無視されています。
しかも、青島&室井コンビによる推理が合理的ならばともかく、
全くのあてずっぽうで、青島の言ってしまえば「空想」を基に、
数百人という捜査員を室井の立場で動かしてしまうというのは、ある種の犯罪ですよ。

鳥飼の台詞にあった「犯罪」という概念。
私は、実行犯の行動よりも、警察組織の腐敗よりも、
個人の思いつきで組織を動かしてしまう場当たり的な行動を、
組織論における「犯罪」と呼びたいと思います。

シリーズの主要人物がフルキャストで登場し、豪華さは抜群。
そして、室井さんが現場を指揮しているシーンにはジーンときましたが、
なんだか、誤魔化された感も拭えない最終回でした。

「リターン!」とかは、いらないからね!


踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 スタンダード・エディション [DVD]踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 スタンダード・エディション [DVD]

ポニーキャニオン 2013-04-26
売り上げランキング : 1918

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  織田裕二 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『若手行員が見た銀行内部事情』 | メイン | 『社長が変われば、会社は変わる!』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3459-975279b3
| メイン |