FC2ブログ
教科書&S革
- 2013/09/16(Mon) -
『教科書にのせたい!』(2012年6月12日放送)
医学系のテーマばかりでしたが、
どれもこれも、「あなたにはこんな病気の恐れがある!」と脅かして、
「でも、これをやると回避できる!」と解決策を提示し、何も考えずに取り組ませる。
まさにカルトと同じ(爆)。
あんまり、この手の企画はやって欲しくないのですが・・・。
それに、カンニング武山さんの寿命ドッグの結果を発表するスタジオに
脳梗塞を患った西城秀樹さんを呼ぶなんて、趣味悪すぎ!
病気の話で笑えるのは健康な人や、大したことが無い人がいる場所だけ。
病気で苦しんだ当人を前に、病気をネタにするなんて有り得ないです。
疲労回復のために休日は何もするなと言う極論の先生に対して
「家でじーっとしてればいいんです!」と嫌味ともとられかねないツッコミをする
内村さんの姿勢に、ちょっと気持ちがすっきりしましたわ(苦笑)。

『スクール革命!』(2012年6月17日放送)
100人学の第2弾です。
デキル男とデキナイ男の間で安定のバランス感のロザン先生(笑)。
デキナイ男としてなぜかアグレッシブな菅さんのキャラ、結構好きですわ。
小ネタシリーズが実質1回しか聞けずに残念。本当につまらなかったんだろうなー(苦笑)。
アンケートのネタは、なぜか「寝ること」周辺の話題が多かったのですが、
こういうのって、どうやって1個1個の企画を決めるんでしょうかね?
ま、寝ている状況は、かなり私的な空間なので、
まおみちゃんネタとかを広げるには使いやすいってことなのかなぁ?
そのまおみちゃん、「息子の嫁にするならどっち?」で再び麻里ちゃんと対決。
このテーマ設定では、結果は見えてますよねー。
でも、私、もしお姉さんにするなら、まおみちゃんの方が良いです。
ウィットに富んだ機転が利きそうだし、地頭は良い人なのですが、
あまりお利口ぶった空間にならないところが居心地良さそうです。
今回またもや登場したタケシですが、操作が上手くなってるし(笑)、
自虐ネタをテンポよく応酬できるところは流石です。
そこら辺の芸人さんよりも面白いですわよー。この人大好き。
内村先生とザキヤマさんの、先生にするならどっち?対決も、
ある意味、勝敗が見えてる安全な戦いでしたねー。
面白いのはどっち?という危険な質問を小学生にするチャレンジャーなスタッフは
いらっしゃらないようで、一安心(苦笑)。
10年以上前に内Pでふかわさんと対決した時は危なかったですからねー。
そして、なぜか子供たちの間で広まっている、「内村先生はお金持ち」という認識。
事実としては合っているのですが、どこでそんなキャラが付いたのでしょうか?
やっぱり、スクール革命のお年玉ギャグ等のせいなのかしら?
ちなみに、「絶対に負けられない戦いがある」を連呼していた内村先生、
これってテレ朝さんのキャッチコピーですわよ(苦笑)。


腸が健康になれば面白いほど人生がうまくいく 読む便秘外来腸が健康になれば面白いほど人生がうまくいく 読む便秘外来
小林 弘幸

集英社 2013-01-25
売り上げランキング : 37819

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



関連記事
この記事のURL | ウンナン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『社長が変われば、会社は変わる!』 | メイン | 内ザワ&歌唱王&QSP>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3457-4dd31cb5
| メイン |