FC2ブログ
『人間の器量』
- 2013/08/12(Mon) -
福田和也 『人間の器量』(新潮新書)、読了。

タイトルはなかなかに上から目線ですが(苦笑)、
明治維新以降の大人物を紹介するという一冊。

小気味良いテンポで文章が進むので、面白く読み終えられました。
ただ、「器量」とは何か?という問いが
イマイチ曖昧なままで終わってしまいました。

大人物なら器量がデカイという理解で良いのでしょうか?
紹介されている各人物の器量の「形」が異なるので、
それ以上の具体的な理解につながりませんでした。

ま、でも、今の時代に器量のデカイ人物がいないということには納得。


人間の器量 (新潮新書)人間の器量 (新潮新書)
福田 和也

新潮社 2009-11
売り上げランキング : 140212

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  福田和也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『幸せの行方・・・』 | メイン | 第2子妊娠!>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3413-4327af11
| メイン |