FC2ブログ
『アインシュタイン、神を語る』
- 2013/08/08(Thu) -
ウィリアム・ヘルマンス 『アインシュタイン、神を語る』(工作舎)、通読。

いつ、どこで本作を買ったのかちっとも記憶がなく・・・。
祖父がアインシュタインを好きだったので、
ドカ買いの中で何となく勢いで買ってしまったものと思われ。

アインシュタインへの4回のインタビューを通して、
彼の生の声を記録しているというのは有意義なことなのだろうと思いますが、
話している内容にあまり興味が湧きませんでした。

特に第一章は、著者の興奮度が高すぎて、文章が上すべっているというか、
非常に読みづらく感じました。
ま、これは、もしかすると翻訳のせいかもしれませんが。

そして、また、ヒロシマとナガサキの間の日に読んでしまったという
私の間の悪さもあるのですが、原爆投下に関するコメントが数行で終わってしまい、
非常に残念でした。というか、勿体ない!もっと突っ込んでくれよぉ・・・。

インタビュアーは、もう少し自然科学について深い考察ができる人で
あって欲しかったなぁというのが感想です。


アインシュタイン、神を語る―宇宙・科学・宗教・平和アインシュタイン、神を語る―宇宙・科学・宗教・平和
ウィリアム ヘルマンス William Hermanns

工作舎 2000-04
売り上げランキング : 564821

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ANIMALS 2013 in 三重 | メイン | 『村上春樹にご用心』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3403-6814ec74
| メイン |