FC2ブログ
『必笑小咄のテクニック』
- 2013/07/27(Sat) -
米原万里 『必笑小咄のテクニック』(集英社文庫)、読了。

ちょっと息抜きを・・・と思い、
万里さんお得意のロシアン・ジョークを期待したのですが、
結構まじめにジョークの構造を分析・解説していて、
正直、面倒くさいと感じてしまいました(苦笑)。

もっとお気楽にジョークを楽しみたかった・・・・
というか、解説は誰でもできるけど、ロシアン・ジョークを面白く聞かせてくれるのは
万里さんか佐藤優氏ぐらいなので、バンバン、ジョークを繰り出してほしかったのです。

ま、でも、後半になるほどジョークの量が増え、
またロシア系のものや米国を嗤うもの、政治ネタや宗教ネタなど
ブラック度やタブー度が上がっていって面白く読めました。

あ、あと、小泉流の政治は嫌いなのね・・・・くどいぐらいに批判が(苦笑)。
ま、共産党の家系ですから、当たり前と言えば当たり前なのですが・・・。


必笑小咄のテクニック (集英社新書)必笑小咄のテクニック (集英社新書)
米原 万里

集英社 2005-12-16
売り上げランキング : 83355

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  米原万里 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<S革&ハッピーエンド | メイン | 『ポスト消費社会のゆくえ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3378-ca7ee772
-『必笑小咄のテクニック』-
読書。 『必笑小咄のテクニック』 米原万里 を読んだ。 全12章で語られる小咄(こばなし)の数々。 それらいろいろな小咄を読むにつけ、 フッ、とか、クスッ、とか、ブバッ、とか 笑えてしまいます。 論理的に分析して、12章に分類してあるわけです。 そんな笑い話の考... …
2014/11/29 11:20  Fish On The Boat ▲ top

| メイン |