FC2ブログ
『パーミション・マーケティング・セミナー』
- 2013/06/23(Sun) -
阪本啓一 『パーミション・マーケティング・セミナー』(翔泳社)、読了。

100円だったので買ってきたのですが・・・
やっぱりこういうのは、セス・ゴーデン氏の原作を読むべきですね。反省。

とにかく気になったのは、
「パーミション・マーケティングとは何か?」という定義づけが
どこにも出てこないこと。

読んでいけば、だいたいどういうことをやるのかは分かります。
でも、やっぱり冒頭に定義が欲しい!
でなければ、どこまでが該当して、どこからは該当しないのかが
判断がつかないからです。

「そんな線引きを不要にした概念がパーミション・マーケティングなんだ!」
というのであれば、やっぱり、そこを定義として書いてほしいんですよね。

定義づけや意味づけに拘るのは、私の頭が古いからなのでしょうか???
でも、日々進化するマーケティング技術も、基本は守破離だと思うんですよね。
「守る」ためには、基本形をしっかり頭に入れることが必要なのであって・・・。

どんなに参考事例がたくさん具体的に挙げられていても、
定義づけがないだけでどんなに分かりにくいプレゼンになるのかということが
勉強になった一冊でした。


パーミション・マーケティング・セミナーパーミション・マーケティング・セミナー
阪本 啓一

翔泳社 2000-04
売り上げランキング : 632530

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『怒れ!若者よこれがきみたちの希望の道だ』 | メイン | 『橋下主義を許すな!』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3338-3c1cd053
| メイン |