FC2ブログ
『稼ぐが勝ち』
- 2013/06/16(Sun) -
堀江貴文 『稼ぐが勝ち』(光文社)、読了。

今更ながらイケイケ当時のホリエモン本です。
今となっては、時代の悪者になってしまった感がありますが、
落ち着いて評価できる状況になった今、もう一度見直すべきではないかと思い・・・。

「頭の良い」人たちが、心の中では考えていても口に出すと面倒になると思って黙っていたことを
素直に口にしてしまったのが、この人の良いところでもあり、甘いところだった気がします。

大悪党は、黙って、もしくは大義名分の陰で、本音を実行するんだと思うんです。
それにより、日本という社会や経済が、上手く回っているという
必要悪な部分もあると思うんですよ。

ところが、ホリエモンは、それを公で口にしちゃった。
大多数の「善良な」人は、それを聞き、「そんな不公平は許せない!」と彼を支持し、
既成の枠組みの破壊を熱望したのだと思います。
一方で、「エリート」たちは、「何を無駄な騒ぎを起こしてるんだ・・・」と苦い顔。

結局、ホリエモンも、裏で実行していた本音の行為が表沙汰になって、
「善良な」市民の支持を失い、世の中の枠組みを作り、動かしている「エリート」たちは、
「だから言わんこっちゃない・・・」と言いつつ、過去の一出来事として忘却する。

「善良な」市民を自分の熱狂的サポーターにしようとするか、
それとも、適度にあしらう対象として割り切っているかの違いだけで、
多分、ホリエモンも世の中の「エリート」さんも、考えてることは一緒な気がします。

私は、こういうモノの考え方を批判する気はなく、そういうもんだと受け止めて、
「さて、そんな世の中で自分はどう生きようかな?」と考えるタイプなので、
世の中一般の方から見ると、きっと正義感が甚だしく欠如してるという評価になるかも(苦笑)。

この本で最も残念だったのは、文章に魅力がないこと。
ゴーストライターを雇う際に、もうちょっと能力ある人を選ぼうよ・・・。
せっかくの主張の内容が、非常につまらない文章に毀損されているように感じました。


稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方
堀江 貴文

光文社 2004-08-07
売り上げランキング : 50897

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  堀江貴文 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『未来ちゃん』 | メイン | 『河鍋暁斎の能・狂言画』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3331-8e9fb9d8
-『稼ぐが勝ち〜ゼロから100億、ボクのやり方〜』 堀江貴文-
  金儲けなんてカンタンです   社長になって   カネを動かせ!   日本を動かせ!   (帯より) 稼ぐが勝ち〜ゼロから100億、ボクのやり方〜 (光文社知恵の森文庫) ... …
2013/09/04 23:48  まん巻の書 ▲ top

| メイン |