FC2ブログ
『書くに値する毎日』
- 2013/05/31(Fri) -
つかこうへい選 『書くに値する毎日』(集英社文庫)、読了。

有名作家の日記を集めた一冊。

作家が書く日記とはどんなものなのだろうかと興味津々だったのですが、
途中で、日記とは一体何なのかが分からなくなってしまいました。

「自分の日常を綴った詩的な文章」ぐらいに捉えていたので、
作家が読者を想定して書いたものは「日記」なのだろうか?と疑問がふつふつ。
それってエッセイと何が違うのでしょうか?

さらには、作家があくまで自分の私的な文章として書いていた場合、
死後に全集とかを出されて、日記まで白日の下に晒されることは
果たして彼・彼女は望んでいたのだろかという疑問も。
有名作家は死んだら「私」な部分はなくなってしまうのでしょうかね?

とまぁ、いろいろ考えつつも、
やっぱり有名作家の書いたものは、それが何であれ面白かったです。

私個人の好みとしては、激情がほとばしるものや理屈っぽいものは苦手で、
日記らしい日記というか、些細な日常のことが綴られている日記が、
当時の時代を写していて興味深いです。

平林たい子や宇野千代、筒井康隆の日記が面白かったです。


書くに値する毎日―日記名作選 (集英社文庫)書くに値する毎日―日記名作選 (集英社文庫)
つか こうへい

集英社 1984-10
売り上げランキング : 512298

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  宇野千代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『江戸絵画の奇跡』 | メイン | ダイビング @黄金崎>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3313-dc50efc3
| メイン |