FC2ブログ
『カラフル』
- 2013/05/06(Mon) -
森絵都 『カラフル』(文春文庫)、読了。

お初の作家さんです。

何の前情報もないまま、いろんな方のブログでお見かけするので試しに買ってみました。
装丁の雰囲気から、ポップな作品だと思ったのですが、
帯には「不朽の名作」の文字が。
なんだかアンバランスに感じて読み始めたら、中身もアンバランスな印象でした。

前世での罪により、輪廻のサイクルに入れず、下界での修行を言い渡された主人公が、
中学生の男の子の体を借りて、再度、人生というものに挑みます。

最初の展開、天使とのやりとりが非常に軽いです。
当然、その後の展開も軽ーい感じで進み、下界で適当に生きる主人公は、
適当に家族とも生活を送り、適当に中学生活も送っていきます。
確かに、最後は真実に気づくのですが、
それでも、あんまり悟った内容の重みを感じることのできない物語でした。
いくらでも重く深く書けるテーマだと思うのですが、
読みやすさを選択したせいか、「不朽の名作」とは感じられませんでした。

家族の本当の姿って、普段はきちんと捉えられていないように思います。
悪いように解釈したり、自分に都合よく考えたり。
でも、本作ほど良いことづくめでもないように思えて、
ちょっと出来過ぎな展開かなぁという気がしました。

おっ、と思ったのは、
60年なり80年なりの人生を、やり直しの効かない唯一の時間と捉えるのではなく、
長い長い輪廻の中で、下界にホームステイする一時期的な期間なのだと考えること。
これって、結構、肩の荷が下りる考え方だと思います。
もっと気楽に日々を楽しもうというメッセージのように感じられて、
ここは共感できました。


カラフル (文春文庫)カラフル (文春文庫)
森 絵都

文藝春秋 2007-09-04
売り上げランキング : 3709

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  森絵都 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『タイム』 | メイン | ダイビング @城ケ島>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3294-8a24bdde
| メイン |